であいケイ安全おすすめ2016.club/

であいケイ安全おすすめ2016.club/

PCMAX
会員数400万人を突破した日本最大級の老舗出会い系

 

PCMAXは利用料金が業界最安値!なぜなら定期的にとってもお得なキャンペーンを実施しているので通常の利用料金の半額以下でご利用頂くことができるのです!

 

ミントC!Jメール
会員数450万人を誇る出会い系!

 

Jメールは会員数450万人を誇る出会い系サイト!出会いをプロデュースして29年目の『ミントC!グループ』が運営しています。気になった方とのメールを通して、ステキな出会いを見つけてください。

 

ハッピーメール
日本最大級の会員数を誇る優良恋愛コミュニティ!

 

運命の出会い・恋人探しを出会える登録無料出会いコミュニティサイト、ハッピーメールで見つけよう! ハッピーメール(happymail)はあなたにぴったりな方と出会える無料マッチングサイトです!

 

出会い系サイトにはいろいろな種類がありますがその種類はジャンル毎に分かれていますよね。出会い系サイトのジャンルというのはたとえばどんな相手と出会いたいのかということによって変わってくると思います。出会いたい相手によって出会い系サイトの種類は分けるといいのではないでしょうか。たとえば出会いを求めている相手が人妻だという人も中にはいると思います。その場合には人妻専門の出会い系サイトがいいですね。また若い女性を対象にしている出会い系サイトなどもあります。不倫の出会い系サイトもありますし、浮気の出会い系サイトもあります。出会い系サイトの種類はそんなにいいものではありませんが出会い系サイトの種類を把握しておくことで自分が出会いたい相手とスムーズに出会えるのではないでしょうか。

 

出会い系サイトの種類は、出会い系サイトによって違っていますがスタイルもいろいろです。メールで出会いを求めるというものもあれば、チャットで出会いを求めるというものもあります。またライブチャットなども今はありますね。そのほか掲示板での出会い系サイトもあります。出会い系サイトにはジャンルもスタイルの違いも料金の有無もいろいろとありますから比較検討して選ぶといいですね。

ファーストメールの返事

私の経験談なんですが、出会い系サイトって、せっかく来たメールのほとんどは読まれずに受信ボックスに埋もれちゃっているんですよね。だってものすごい数のメールがくるから全部を読むなんて到底不可能なんです。出会い系サイトの場合は男性の方が圧倒的に人数が多いから、1人の女性に何通ものメールが届くからなんですよね。でももしかしたら私のメールも読んでもらっていない可能性があるって事なんですよね。だから、パッと見で相手の注目を得る事が出来れば、読まれずに埋もれてしまうって事はないはずなんです。 メールって、まずは内容を読んでもらう事がすごく大切なんです。メールがきちんと相手読まれていれば、多くの返事がもらえる可能性もがあるんです。だから、返事のもらえない理由は、読まれていないってことが原因なんですよね。どんなに一生懸命メールを書いたとしても、最初の数行がつまらなかったり、また相手の気分や状況によってはスルーされてしまうのです。だから、メールの内容の前に、まずは読んでもらえるような工夫する必要があるのです。例えば、音楽が好きって書いてある人に対しては、まず自己紹介を書いた後、○○さんって音楽が好きなんですね。私もこないだ新しく出た〇〇っていうアーティストのCDを買ったんですよ。みたいなメールだと、はっきり言ってつまらないと思うのです。これだと読んでもらえない確立は高いと思います。そこで、内容を変えず、ちょっと工夫をしたものが、近注目の〇〇っていうバンドのライブを観に行ったんです。とてもよかったんですよ。最近観に行った中では!あっ、申し遅れましたが私は××といいます。っていう感じです。挨拶や自己紹介の前にまず相手の興味あることを語ってみる。ただそれだけのことで、なぜか返事が増えたのです。ただ書いた順番を変えただけなのに、最初の数行で相手の興味をそそる事ができればいいのです。あとの文はとりあえず置いておいていいんです。実際に私は、このやり方でファーストメールの返事を8割くらいもらっています。まずは読んでもらう工夫をすることです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

健全な出会い

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は、今や世界中で普及しています。ミクシィ、フェイスブック、LINEなどなど、複数のSNSを利用している人も少なくありません。 SNSは本当に便利なものです。通話もメールもチャットも無料で行うことができますので、SNSを使うようになってメールをほとんど使わなくなった人も少なくないでしょう。ちょっとしたメモ帳のような使い方や、写真や動画の共有などクラウドのような使い方もできます。暇つぶしにゲームも楽しむことが出来ますが、最近はそのクオリティも非常に高いものとなっています。 このように非常に便利なSNSですが、便利なものには必ず落とし穴があるものです。それはいわゆる「悪質な出会い系」のツールとしてSNSが利用される危険性です。掲示板を使って交流するタイプのSNSであれば、運営者の手によって管理されていますが、リアルタイムで通話やチャットが行われるSNSの場合は、ある意味で無法地帯となってしまうからです。 もちろん、SNSを出会い系ツールとして利用する人の全てが悪質なわけではありません。健全な出会いを探し、そのツールとしてSNSを利用している人もたくさんいます。しかし、SNSを利用して性的な目的で未成年を誘い出すなど、悪質な出会い系ツールとしてSNSを利用した犯罪行為も後を絶たないのです。 このような犯罪行為から自分や家族を守るには、利用者一人一人のモラルや判断力が大切です。SNSはあくまでも社交場なのです。それを利用し、万が一犯罪に巻き込まれたとしても、その責任は少なからず利用者自身にもあります。とくに判断力に乏しい未成年がSNSを利用する際には、保護者が常に目を光らせておく必要があるでしょう。なにか事件に巻き込まれたとき、ついつい他者の責任にしたくなるかもしれません。しかし、子どもは判断力が乏しいからこそ子どもなのです。放任主義と無責任は違います。SNSは子どもにとっても便利なツールですが、子どもにそれを利用させるのはあくまでも保護者であることを認識しなければならないでしょう。